BlueStacks

魔剣伝説のPCプレイ(BlueStacks)のやり方は?初期設定から解説

 

「魔剣伝説を、PCでプレイする方法として「BlueStacks」を利用する方法があります。

「BlueStacks」はスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回は「BlueStacks」で「魔剣伝説」をプレイする手順を、初心者の方でも分かるように画像を使って紹介します。

「BlueStacks」を始める前に準備すること

事前準備
  • Googleアカウント取得
    ①Googleアカウント(〇〇〇@gmail.com)
    ②Googleアカウントのパスワード

「BlueStacks」をインストールする前に、Googleアカウントを用意しておくことをおすすめします。

「BlueStacks」でアプリを取る際に、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウント取得方法

Googleアカウントの取得方法を紹介します。

  1. まず、Googleアカウント作成ページにいきます。
  2. 「Googleアカウントを作成する」をクリックします。
    googleアカウント2
  3. 「姓」「名」「ユーザー名(Googleアカウント)」「パスワード」を決めて入力して「次へ」をクリックします。
    なお、ここで入力する「ユーザー名(Googleアカウント)」と「パスワード」は忘れると後ほど困りますので、入力した段階ですぐにメモしておくことをおすすめします。
    googleアカウント3
  4. ショートメールが受け取れる「携帯電話番号」を入力し、「次へ」をクリックします。
    googleアカウント4
  5. 携帯電話に「確認コード」が届いたら入力し、「確認」をクリックします。
    googleアカウント5
  6. 「電話番号(省略可)」「再設定用のメールアドレス(省略可)」「生年月日」「性別」を入力し、「次へ」をクリックします。
    googleアカウント6
  7. 次にプライバシーポリシーと利用規約を確認し、下にスライドして「同意する」をクリックします。
    googleアカウント7
  8. この「ようこそ、〇〇さん」という画面になったら「Googleアカウント」の登録完了です。「BlueStacks」をインストール前の準備ができました。
    googleアカウント8

 

「BlueStacks」のインストールと初期設定方法

「BlueStacks」をPCにインストールします。

  1. BlueStacksの公式ページへ行きます。
  2. 「ダウンロード 魔剣伝説 をPCで」をクリックします。
  3. ダウンロード完了後、
    画面下のダウンロードバーに表示されている「BlueStacks-Installer…」をクリック(1つ目の画像)
    またはPCのダウンロードファイルから「BlueStacks-Installer…」をダブルクリックします。(2つ目の画像)BlueStacks3
  4. 「はい」をクリックします。
    BlueStacks4
  5. 画面が切り替わりましたら、「今すぐインストール」をクリックします。
    BlueStacks5
  6. 「完了」をクリックします。
    BlueStacks6
  7. GooglePlayストアの画面に切り替わりましたら「使ってみる」をクリックします。
    BlueStacks7
  8. 次に「メールアドレスまたは電話番号」を入力します。
    こちらは「Googleアカウント(〇〇〇@gmail.com)」を入力します。
    「次へ」をクリックします。
    BlueStacks8
  9. 次に「パスワード」に「Googleアカウントのパスワード」を入力し「次へ」をクリックします。
    BlueStacks9
  10. 次に利用規約とプライバシーポリシーを確認し「同意する」をクリックします。
    BlueStacks10
  11. 画面が切り替わりましたら「BlueStacksを使ってみよう」をクリックします。
    BlueStacks11
  12. 「BlueStacks」のホーム画面にきました。
    「BlueStacks」のインストールと初期設定完了です。
    BlueStacks12

 

「魔剣伝説」のインストール方法

「魔剣伝説」をインストールします。

  1. 「GooglePlayストア」をクリックします。
    BlueStacks12.5
  2. 「キーワードの検索窓」をクリックします。
  3. 「魔剣伝説」と入力して、「魔剣伝説」をクリックします。
  4. 「インストール」をクリックします。
  5. 「次へ」をクリックします。
    BlueStacks16
  6. 次に「スキップ」をクリックします。
    BlueStacks17
  7. 「魔剣伝説」がインストールできました。

 

操作方法

続いて「魔剣伝説」の操作方法についてお伝えします。

「魔剣伝説」のオススメの操作方法はほとんどマウス操作で必要があればキーボードを使う程度かと思います。

キーボード操作に関してはキャラクター移動で使いそうですが、ほぼ放置でバトルするゲームな感がするので、そこまで使わなそうです。(難易度次第で多用するかも)

キーボードのキーは「BlueStacks」の初期設定で割り当てされているので、それをそのまま使います。

それでは、マウス操作からお伝えします。

マウス操作

マウス操作は、選択箇所にカーソルを合わせてクリックします。

バトル中の放置バトルのON/OFF、装備やペットの強化など、様々です。

画像は、バトル画面です。
矢印で示したとこで放置バトルのON/OFFをします。

ペット育成

 

キーボード操作

キーボード操作は、フィールド上でのキャラクター移動に使用します。

キャラクター移動の操作キーは、以下のようになってます。

キャラクター移動

  • 【W】上
  • 【A】左
  • 【S】下
  • 【D】右

マウスのドラッグ操作でもキャラクター移動が可能なため、遊びやすくするために必要であれば使う機能です。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「魔剣伝説」はデータ連携設定をすることで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ連携のやり方を紹介します。

アカウント連携のパターン

「魔剣伝説」のデータ連携パターン表です。

項目 Android
(BlueStacks,Galaxy等)
iOS
(iPhone,iPad)
4399アカウント
(メールとパスワード)
Facebook
Twitter
Google
Apple ×

Android(BlueStacks)と、iOS両方に対応しているのは、4399アカウント、Facebook、Twitter、Googleの4種類です。

データ連携のやり方①(プレイしている端末)

まずは、現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、データ連携設定をします。

今回のデータ連携は、4399アカウントを新規作成して行います。

表示されているゲーム画面は、BlueStacksのものです。

  1. アプリ初回起動時に、タイトル画面で「アカウント切替」をクリックします。
    (ゲストプレイで始めてから、そのプレイデータをアカウント連携させることができませんでしたので、データ連携してプレイする場合は、また最初からになるため、データ連携しようと思ったら早目に済ませた方が良さそうです。)
  2. アカウント切り替えの画面が開いたら「Sign in with 4399」をクリックします。
  3. 次に、上記のタブが「新規登録」になっていることを確認して、お持ちのメールアドレスと任意のパスワードを入力して、「登録して連携する」をクリックします。
  4. ログインが完了したら、タイトル画面の「アカウント切替」の横に、先ほど登録したメールアドレスが入っています。
    またここで「サーバー変更」の横に記載があるサーバーも確認しておきます。

ここまでが現在プレイしている端末でのデータ連携の操作です。

 

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末での設定です。

表示されているゲーム画面は、iPhoneのものです。

  1. ゲームを初回起動して、「アカウント切替」をクリックします。
  2. 上記のタブを「ログイン」にして、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、矢印で示した「ログイン」をクリックします。
  3. ログインが完了したら、ゲームサーバーを確認し、今まで遊んでいたサーバーと同じであればゲーム開始します。
    サーバーを変える必要がある場合は、矢印で示した「サーバー変更」をクリックして、サーバーを変更します。

これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末、両方でプレイできるようになりました。

 

「BlueStacks」でプレイしてみて

「BlueStacks」を利用して「魔剣伝説」をプレイした感想としては、「BlueStacks」は初期設定のままで快適にプレイすることができました。

ポチポチクリックしてればガンガン進むゲームなので、PC画面に「魔剣伝説」を小さく表示して他のことと同時作業なんてこともできそうです。

また、データ連携をすることでPCとスマホ両方で遊べるのは便利ですので、オススメです。

お読みいただきありがとうございました。