LDPlayer

LDPlayerのキーマッピングのやり方(キーボード・ゲームパッド)

 

LDPlayerを使ってアプリゲームを操作するときに、マウスのほかにキーボードやゲームパッド(コントローラー)が使えます。

今回は、キーボードやゲームパッドのキーマッピング設定の確認・追加・変更方法などを紹介します。

LDPlayerとは、PCの大画面でスマホアプリ(Android)が遊べるエミュレーターです。

初期設定されているキーの確認方法

LDPlayerでは、キーボードやゲームパッド操作で遊べるゲームには、予めキー(ボタン)が初期設定されていることがあります。

キーの確認方法は、LDPlayerの画面右上にある「キーマッピング(キーボードのアイコン)」をクリックします。

「ゲームパッドとキーボードのアイコン」が展開されます。
今回はキーボードの操作設定を確認してみます。「キーボードのアイコン」をクリックします。

画面右側に「仮想キー」が展開され、ゲーム画面上には登録されているキーが表示されました。

ゲームプレイ中にキーを表示させるには、「仮想キーのガイドを表示」にチェックを入れて「保存」します。

ゲーム画面にキーが表示された状態です。

 

キーを編集する

キー(ボタン)の編集方法を紹介します。

編集は、「仮想キー」が画面右側に表示されている状態で行えます。

ゲームパッドを編集する際は、冒頭で紹介した「ゲームパッドとキーボードのアイコン」が展開された際に、「ゲームパッドのアイコン」をクリックすればOKです。

ちなみに、ゲームパッドの仮想キーの画面はこちらです。設定できる種類が少なくシンプルです。

 

キーを追加する

続いて、キーを追加する方法を紹介します。

今回は、キーボードのキーの追加登録を例に紹介していますが、ゲームパッドのボタンの追加登録も同じやり方でできます。

「Aのアイコン」「十字キーのアイコン」などの追加したい仮想キーを、ゲーム画面上にドラッグ操作(クリック押したままマウス移動)で配置します。

ちなみにマウスカーソルを仮想キーのアイコンに合わせると、使い方が表示されます。アイコンだけでは分からないのでこの方法で機能の確認をします。

まずは、キャラクターの移動操作で使う「十字キーのアイコン」を配置してみます。
「十字キーのアイコン」を、ドラッグ操作でゲーム画面の十字キーがある位置に配置します。

ゲームによっては、配置した「十字キーのアイコン」の大きさをゲームに合わせて大きくしないと、キャラクターが移動できない場合があるのでサイズを大きくします。
「十字キーのアイコン」の周りを囲む白線の四角形にカーソルを合わせて、ドラッグ操作で大きさの調整ができます。

「十字キーのアイコン」が大きくなりました。ゲームによって必要なときはサイズ変更してみてください。
キャラクターの移動操作は、アイコンに表示されているようにキーボードの「WASD」で動かします。

 

次に、仮想キー「Aのアイコン」を配置してみます。
「Aのアイコン」は、配置した箇所を1回クリック(タップ)するアクションです。

画像のようにドラッグ操作で配置しても良いですし、ゲーム画面を直接クリックしても配置できます。

配置後、キーボードでキーを入力すると登録されます。今回は「スペースキー」を登録してみました。

このように、キーの追加はキーマッピング設定の中にある仮想キーをドラッグ操作でゲーム画面に配置して、最後に登録したいキーボードのキーを入力します。このとき右クリックなどのマウス操作も追加登録できます。

ゲームパッドのボタン追加も同様に、仮想キーをドラッグ操作で配置後、ゲームパッドのボタンを押してボタンを追加登録できます。

 

キーを変更する

次に、すでに登録されているキーを変更する方法を紹介します。

先ほどの「Aのアイコン」で登録した「スペースキー」を「F」に変更してみます。
「スペースキー」をクリックし「F」を入力します。

「スペースキー」から「F」に切り替わりました。

編集が完了したら「保存」をクリックして完了です。

 

ズーム機能について

他のエミュレーターのキーマッピングにある「ズーム機能」ですが、LDPlayerの場合は、「ズームイン(F4キー)」「ズームアウト(F5キー)」でホットキーとして初期設定されています。

「ズーム機能」は、戦略シミュレーションゲームなどで広大なマップを拡大・縮小して見るときに、とても便利な機能です。

ホットキーは、「設定」→「ホットキー」に入ると確認できます。

 

押しやすいキー

個人的に押しやすいキーとしてオススメなのが、「マウスの右クリック」「マウスの中クリック(スクロールホイールを押し込む)」です。

特にキーボード操作に慣れていない方でキーボードとマウスや、ゲームパッドとマウスで、マウスと合わせてプレイされる方には扱いやすいと思います。

 

意外に使えるキー

次に意外と使えるキーとしてオススメなのが、マウスのサイドボタンです。

マウスでサイドボタンがついているものであれば、使える可能性があるため試してみても面白いと思います。

また、ゲームパッドのボタンであまり意識されていないボタンが「左スティックを押し込む」操作です。こちらもボタンとして追加登録できます。

LDPlayerのキーマッピングは、自由度が高いのでいろいろ試してみて、自分が遊びやすい方法を探してみてください。

 

以上で、LDPlayerのキーボードやゲームパッドのキーマッピングの確認・追加・変更方法などの紹介を終わります。

LDPlayerのアップデートで少し画面遷移が変わる可能性もありますが、参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

LDPlayerに興味のある方は、無料で使えるのでお試しください。

LDPlayer公式サイトはこちらから

ここまでお読みいただきありがとうございました。

LDPlayer 推奨PCスペック
OS Windows XP XP3 / Win7 / Win8 / Win8.1 / Win10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) 100GBの空き容量
プロセッサー(CPU) Intel i5 7500
グラフィック(GPU) NVIDIA GeForce GTX 750 Ti
BTOパソコンをスペック検索 !