BlueStacks

BlueStacks5の初期設定とアプリインストールのやり方

 

Bluestacks5を公式サイトからダウンロードしてから初期設定までの流れと、アプリインストールの方法を紹介します。

旧バージョン(BlueStacks4)はこちらから。

BlueStacks5の初期設定

  1. 公式サイトからダウンロードしたBlueStacksを立ち上げ、「今すぐインストール」をクリックします。
  2. 「Google Play ストア」をクリックします。
  3. 「ログイン」をクリックします。
  4. 「メールアドレスまたは電話番号」を入力します。
    メールアドレスは、Googleアカウント作成したときに決めた
    【●●●@gmail.com】です。

    「次へ」をクリックします。
  5. 「パスワード」を入力します。
    こちらもGoogleアカウント作成したときに決めたパスワードです。
    「次へ」をクリックします。
  6. 次に利用規約とプライバシーポリシーを確認して「同意する」をクリックします。
  7. Googleドライブへのバックアップのチェックを入れるか外すかして、「同意する」をクリックします。
    Google Playストアのトップ画面に移行します。
    ここまでがBlueStacksの初期設定です。

 

アプリインストールのやり方

続いてアプリインストールのやり方を紹介します。

  1. 先ほどの続きで、Google Playストアのトップ画面です。
    「アプリやゲームを検索する」(虫眼鏡アイコンの検索バー)をクリックします。
  2. アプリ名を入力して、候補に出てくるアプリをクリックします。
    (今回は「放置少女」で検索)
  3. 「インストール」をクリックします。
  4. 「開く」をクリックするとアプリが立ち上がります。
    ここまでがアプリインストールのやり方です。

 

Android 64bit でのプレイを推奨された場合

アプリを立ち上げようとした際に、「Android 64bit」を推奨されることがあります。

またはこのようなメッセージ。

現在のバージョンは、BlueStacks画面の左上に記載があります。
画像は「N32」と表記されており、ここの「32」の数字のとおりバージョンは「Android 32bit」です。
この数値が「64」であれば「Android 64bit」です。

アプリを正常に動作させるために、BlueStacksで「Android 64bit」でゲームをプレイする方法を紹介します。

画面右下にある「マルチインスタンスマネージャー」をクリックします。
BlueStacksの画面が小さくマルチインスタンスマネージャーが隠れている場合は、「・・・」をクリックします。

次に、「新規インスタンス」をクリックします。

続いて「新規インスタンス」をクリックします。

Androidバージョンの選択で「Nougat 64-bit」を選択します。

Android 9 64bit(ベータ版)を推奨された場合は、「Pie 64-bit (Beta)」を選択します。

Androidバージョンを選択したら「次へ」をクリックします。

CPUコア数・RAM(MB)などを好みの数値で選択し、「作成」をクリックします。
こちらの数値はインスタンス作成後、「設定」から変更可能です。

新規インスタンスの作成ができました。
「開始」をクリックします。

BlueStacksの画面が開いたら上記の手順のとおり、Google PlayストアからGoogleアカウントでログインし、アプリを検索しインストールを行い起動します。

ちなみに先ほど決めたCPUコア数などの数値の変更は、「歯車のアイコン」から設定に入り変更できます。


 

以上でBluestacks5の初期設定と、アプリインストールのやり方の紹介を終わります。

BlueStacksアップデートで少し画面遷移が変わっている可能性もありますが、参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)