BlueStacks

ライフアフターのPCプレイ(BlueStacks)のやり方は?初期設定から解説

 

「ライフアフター (LifeAfter)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「ライフアフター」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「ライフアフター」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「ライフアフター」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「プレーする ライフアフター をPCで」をクリックして、ダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

「ライフアフター」BlueStacksの操作は、マウスとキーボード、またはゲームパッド(コントローラー)で遊べます。

マウス操作は、選択箇所にマウスカーソルを合わせてクリックします。

フィールド上での操作は、画面上にある様々なアイコンをクリックすることでアクション操作ができます。

視点操作」は画面右半分のボタンのないところを、ドラッグ操作(クリックしたままマウス移動)でできます。

キーボード操作

キーボード操作設定は、BlueStacksにて初期設定されているため設定は不要です。

キーの確認・編集方法については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

キーボード操作で、主に使うのはキャラクター移動のキー(WASD)です。

他にもさまざまなキーの登録がされていますが、複雑な操作が難しい場合はキャラクター移動のみキーボードで、他はすべてマウス操作がオススメです。

ゲートパッド(コントローラー)操作

ゲームパッド操作設定は、BlueStacksにて初期設定されていないため、必要に応じて自分で設定します。

ゲームパッドのボタンの確認・編集方法についても、キーボード操作設定同様にこちらにまとめているので参考にしてみてください。

 

以上で「ライフアフター (LifeAfter)をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

BlueStacksに興味のある方は、無料で使えるのでお試しください。

BlueStacks公式サイトはこちらから

ここまでお読みいただきありがとうございました。

©NetEase Games

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)