BlueStacks

キングスレイドのPCプレイ(BlueStacks)のやり方は?初期設定から解説

 

「キングスレイド (キンスレ)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「キングスレイド」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「キングスレイド」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「キングスレイド」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「BlueStacks 5でプレイする」をクリックしてダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

続いて「キングスレイド」の操作方法についてお伝えします。

「キングスレイド」BlueStacksの操作は、マウス操作のみで遊べるかと思います。

ゲーム画面(宿屋)です。
マウスカーソルを合わせてクリックです。

バトル画面です。
マニュアル操作でバトルする場合、赤枠のスキルをクリックして戦います。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「キングスレイド」は引き継ぎ設定をすることで、スマホ(タブレット)とのデータ連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ連携のやり方を紹介します。

データ連携のやり方①(元の端末での設定)

まずは現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、データ連携設定をします。
今回はFacebookアカウントを使用します。

  1. ゲームにINし、ホーム画面の右上にある「横3本戦のアイコン」をクリックします。
  2. 「ゲーム設定」をクリックします。
  3. ゲーム設定の画面が開きました。
    「その他」をクリックします。
  4. 「Connect with Facebook」をクリックします。
  5. 「はい」をクリックします。
  6. Facebookアカウントの「携帯電話番号またはメールアドレス」と「パスワード」を入力してログインします。
  7. ゲーム設定画面の赤枠部分が、「Connect with Facebook」→「Connected」に変わりました。
    これで現在プレイ中のアカウントのデータ連携設定は完了です。

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

データ連携させたいもう1つの端末(スマホまたはBlueStacksなど)での設定です。

  1. アプリを起動します。
  2. 起動直後の画面右下の「ログイン」をクリックします。
  3. 「Login with Facebook」をクリックします。
  4. Facebookアカウントの「携帯電話番号またはメールアドレス」と「パスワード」を入力してログインできたら完了です。
    これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末の両方でプレイできるようになりました。

「BlueStacks」を使えば、大画面で「キングスレイド」の迫力あるバトルが楽しめるだけでなく、スマホの電池持ちを気にせずに長時間周回できて便利です。

以上で「キングスレイド」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事

キングスレイドは面白い?つまらない?レビュー評判・アプリ評価まとめ スマホアプリゲーム「キングスレイド (キンスレ)」は面白いか、つまらないかユーザーの評判やストア評価をまとめてお伝えします。 ...