BlueStacks

ドラゴンボール レジェンズのPCプレイ(BlueStacks)のやり方を解説

 

「ドラゴンボール レジェンズを、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「ドラゴンボール レジェンズ」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「ドラゴンボール レジェンズ」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「ドラゴンボール レジェンズ」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「BlueStacksでプレイする」をクリックしてダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

「ドラゴンボール レジェンズ」BlueStacksの操作はマウスのみか、マウスとキーボード(またはゲームパッド)で遊べます。

マウス操作

バトル画面です。
キャラクター移動は、画面中央あたりの何もボタンがないところで、マウスのドラッグ操作(クリック押したままマウス移動)でできます。

「バニシングステップ」というアクションで敵の攻撃を回避するときは、画面を左右にフリック操作(クリック押したまま素早くマウス移動)でできます。

通常攻撃は、画面中央あたりをクリックで行います。自分と相手との距離によって「打撃攻撃」「タックル」「射撃攻撃」に変化します。

画面をクリック長押しで「気力チャージ」を行います。

溜まった気力を使用し、「アーツカード」(スキル)が使えます。
アーツカードには攻撃技・補助効果のある技が発動できるなどさまざまです。バトル時は自動的にアーツカードがドローされ、手元にあるカードを使用できます。

キャラクター毎にアビリティがあり、バトルで1度だけ使えます。キャラクターのアイコンをクリックで発動させます。

アーツカードにドラゴンボールが付いるものがあり、バトル中にアーツカードを使用しながらドラゴンボールを7つ集めると、強力なスキル「ライジングラッシュ」が使えます。パーティーキャラクター全員で攻撃するド派手演出がかっこいいです。

打撃攻撃がぶつかり合うと「ドカバキインパクト」が発生し、敵に競り勝つためにゲージの溜まったところ狙ってタイミング良く画面をクリックします。

メンバーチェンジする時は、交代キャラクターのアイコンをクリックします。

画面左上にある「AUTOボタン」で、便利なオートバトルへの切り替えができます。

ストーリー画面です。ストーリーはアニメーションありの綺麗なグラフィックとキャラクターボイスを楽しめます。またオート・ログの読み返し機能もあります。

 

キーボード・ゲームパッド操作

キーボード・ゲームパッド操作設定は、BlueStacksにて初期設定されていないので、必要に応じて自分で設定します。

設定するアクションキーは、キャラクター移動に使う「十字キー」と、必要であれば回避行動のバニシングステップで使う「スワイプ」を左右のキー登録するくらいで、他はすべてマウス操作で十分かと思います。

キー(ボタン)の追加・変更方法については、こちらにまとめたので編集の参考にしてみてください。

 

「ドラゴンボール レジェンズ」はド派手な演出のアクションバトルが楽しく、オートバトル機能があるため操作が苦手でも遊びやすいゲームです。BlueStacksではPCの大画面で楽しめるのでオススメです。

以上で「ドラゴンボール レジェンズ」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

また今回紹介したBlueStacksに興味のある方は、無料で使えるのでお試しください。

BlueStacks公式サイトはこちらから

ここまでお読みいただきありがとうございました。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)