BlueStacks

エイジオブゼットはPCで遊べる?複数エミュレーター比較

 

スマホアプリゲームのエイジオブゼット:タワーディフェンスを、3つのAndroidエミュレーターを使ってそれぞれPCプレイできるか紹介します。

Androidエミュレーターは、GooglePlayストアのアプリゲームをPCで遊べるプラットフォームです。

ここで紹介しているエミュレーターは無料で使えます。

Androidエミュレーターを使うことで、PCの大画面でグラフィックの迫力が増し、マウス・キーボード・ゲームパッド(コントローラー)でゲームを楽しめ、スマホの電池切れ・データ空き容量を気にせず思い切り遊べるといったメリットがあります。

今回は、Bluestacks・LDPlayer・Wakuooを使用して、エイジオブゼットの動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法について紹介します。

 

エミュレーターの動作など比較

Bluestacks・LDPlayer・Wakuooそれぞれの動作結果、キーボード・ゲームパッド操作の初期設定がされているかについてまとめました。

動作 キーボード操作
初期設定
ゲームパッド操作
初期設定
Bluestacks
(Bluestacks 5 Pie64bit)
快適 あり なし
LDPlayer
(LDPlayer 9)
快適 なし なし
Wakuoo 快適 なし なし

 

すべてのエミュレーターで、エイジオブゼットを快適に遊ぶことができました。

エミュレーターそれぞれの操作感など、好みもあると思うので実際にインストールして体感してもらえたらと思います。

Bluestacksでは、マイ都市/世界マップ切替・クエスト・タスクリスト、タワーディフェンスバトル時のバトルスピード変更・一時停止・戻るボタンなどが、キーボード操作できるように初期設定されていました。

マイ都市での施設建設・アップグレード、兵士の募集、世界マップでの資源採集・ゾンビ狩り、タワーディフェンスバトル時のタワー建設・アップグレードなどは、マウスカーソル合わせてクリック操作で行えます。

マップ上で視点を動かすときは、ドラッグ操作(クリック押したままマウス移動)で行えます。

また、「ズーム機能」でマップを広く見渡せて便利なので、キー追加設定をオススメします。

 

Bluestacksの導入方法

Bluestacksの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Bluestacksでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacksをダウンロード

BluestacksをPCにダウンロードします。

Bluestacksの公式サイトに入り、「プレーする エイジオブゼット:タワーディフェンス をPCで」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Bluestacksを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて追加設定します。

「ズーム機能」(↑↓キー)が初期設定されていましたが、キーマッピングされている円の幅が広く機能しなかったので、円の幅を狭めるとズーム機能が使えます。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacks 推奨PCスペック

Bluestacks5 の推奨PCスペックを紹介します。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)

 

 

LDPlayerの導入方法

LDPlayerの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

LDPlayerでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

LDPlayerをダウンロード

LDPlayerをPCにダウンロードします。

LDPlayerの公式サイトに入り、「Download LDPlayer 9」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

LDPlayerを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、マイ都市/世界マップ切替・クエスト・タスクリストなどに「Aのアイコン」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

「ズーム機能」については、エミュレーター機能で「ズームイン(F4キー)」「ズームアウト(F5キー)」で操作できるので、LDPlayerは設定不要です。

LDPlayer 推奨PCスペック

LDPlayerの推奨PCスペックを紹介します。

LDPlayer 推奨PCスペック
OS Microsoft Windows 10 64bit
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ(HDD/SSD) 256GB SSD
プロセッサー(CPU) Intel(R) Core(TM) i5-10400F CPU @ 2.90GHz
グラフィック(GPU) NVIDIA GeForce GTX 1650

 

 

Wakuooの導入方法

Wakuooの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Wakuooでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuooをダウンロード

WakuooをPCにダウンロードします。

Wakuooの公式サイトに入り、「ダウンロード」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Wakuooを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、マイ都市/世界マップ切替・クエスト・タスクリストなどに「タップ」、マップを広く見渡せて便利な「ズーム機能」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuoo 推奨PCスペック

Wakuooの推奨PCスペックを紹介します。

Wakuoo 推奨PCスペック
OS Windows 8/10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) 10GBの空き容量
プロセッサー(CPU) Intel あるいは AMDプロセッサ CPUコア数8個
その他 Surfaceは起動できないモデルが多い

 

 

アカウント連携して複数端末で遊ぶ

エイジオブゼットはアカウント連携することで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携ができて便利です。

外ではスマホ、自宅ではPCの大画面で楽しめます。

アカウント連携のパターン

エイジオブゼットのアカウント連携パターンです。

項目 Android
(BlueStacks,Galaxy等)
iOS
(iPhone,iPad)
Facebook
Google ×
Apple ×
Game Center ×

 

アカウント連携のやり方①

まずは、現在プレイしている端末(スマホ・Bluestacksなど)で、アカウント連携設定をします。

今回は、Facebookアカウントで行います。

  1. ゲームにINして画面で左上の「キャラクターのアイコン」をクリックします。
  2. 「アカウント」をクリックします。
  3. 「Facebookのアカウント連携」をクリックして、お持ちのFacebookアカウント情報でログインします。
  4. ログインできたらアカウントリスクが安全に変わります。

ここまでが現在プレイしている端末の操作です。

 

アカウント連携のやり方②

続いて、アカウント連携するもう1つの端末の操作です。

  1. チュートリアルを進めて、先ほどと同様に「キャラクターアイコン」→「アカウント」と進みます。
  2. 「アカウント切替」をクリックします。
  3. 警告を読み問題なければ「確定」をクリックします。
  4. 「Facebookのログイン」をクリックして、先ほどログインしたFacebookアカウント情報でログインします。

これで複数端末で同じデータを使ってゲームプレイできるようになりました。

以上で、Bluestacks・LDPlayer・Wakuooの3つのエミュレーターにおけるエイジオブゼットの動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法についての紹介を終わります。

Androidエミュレーターは無料で使え、PCの高画質大画面でエイジオブゼットの、ゾンビが溢れかえる世界のリアルタイムストラテジー・タワーディフェンスが楽しめ、アプリ容量や電池持ちを気にせずプレイできるなど、スマホ・タブレットとは違った良さがあるのでオススメです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

©CamelStudio