BlueStacks

シムシティ ビルドイットはPCで遊べる?複数エミュレーター比較

 

スマホアプリゲームのシムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)を、3つのAndroidエミュレーターを使ってそれぞれPCプレイできるか紹介します。

Androidエミュレーターは、GooglePlayストアのアプリゲームをPCで遊べるプラットフォームです。

ここで紹介しているエミュレーターは無料で使えます。

Androidエミュレーターを使うことで、PCの大画面でグラフィックの迫力が増し、マウス・キーボード・ゲームパッド(コントローラー)でゲームを楽しめ、スマホの充電切れ・空き容量を気にせず思い切り遊べるといったメリットがあります。

今回は、LDPlayer・Wakuoo・Bluestacksを使用して、シムシティ ビルドイットの動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法について紹介します。

 

エミュレーターの動作など比較

LDPlayer・Wakuoo・Bluestacksそれぞれの動作結果、キーボード・ゲームパッド操作の初期設定がされているかについてまとめました。

動作 キーボード操作
初期設定
ゲームパッド操作
初期設定
LDPlayer
(LDPlayer 4 32bit)
快適 あり なし
Wakuoo 快適 なし なし
Bluestacks
(Bluestacks 5 32bit)
快適 あり なし

 

すべてのエミュレーターで、シムシティ ビルドイットを快適に遊ぶことができました。

エミュレーターそれぞれの操作感など、好みもあると思うので実際にインストールして体感してもらえたらと思います。

Bluestacksでは、「ズーム機能(↑↓)」「画面回転(WASD)」がキーボード操作できるように初期設定されていました。

LDPlayerは、エミュレーター機能で「ズーム機能(F4・F5キー)」が、キーボード操作できるように初期設定されています。

基本的な操作(建設・道路作成・建設物の移動など)は、マウスのクリック・ドラッグ(クリック押したままマウス移動)で行えます。

 

LDPlayerの導入方法

LDPlayerの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

LDPlayerでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

LDPlayerをダウンロード

LDPlayerをPCにダウンロードします。

LDPlayerの公式サイトに入り、「LDPlayer 4」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

LDPlayerを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、建設メニューボタン(道路・住宅・商業施設など)に「Aのアイコン」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

ズーム機能については、キーボードの「ズームイン(F4キー)」「ズームアウト(F5キー)」で操作できます。

LDPlayer 推奨PCスペック

LDPlayerの推奨PCスペックを紹介します。

LDPlayer 推奨PCスペック
OS Microsoft Windows 10 64bit
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ(HDD/SSD) 256GB SSD
プロセッサー(CPU) Intel(R) Core(TM) i5-10400F CPU @ 2.90GHz
グラフィック(GPU) NVIDIA GeForce GTX 1650

 

 

Wakuooの導入方法

Wakuooの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Wakuooでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuooをダウンロード

WakuooをPCにダウンロードします。

Wakuooの公式サイトに入り、「ダウンロード」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Wakuooを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、街を広く見渡すのに便利な「ズーム機能」や、建設メニューボタン(道路・住宅・商業施設など)に「タップ」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuoo 推奨PCスペック

Wakuooの推奨PCスペックを紹介します。

Wakuoo 推奨PCスペック
OS Windows 8/10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) 10GBの空き容量
プロセッサー(CPU) Intel あるいは AMDプロセッサ CPUコア数8個
その他 Surfaceは起動できないモデルが多い

 

 

Bluestacksの導入方法

Bluestacksの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Bluestacksでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacksをダウンロード

BluestacksをPCにダウンロードします。

Bluestacksの公式サイトに入り、Bluestacks5 Android 32bit の「ダウンロード」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Bluestacksを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて追加設定します。

キー追加する場合は、建設メニューボタン(道路・住宅・商業施設など)に「タップスポット」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacks 推奨PCスペック

Bluestacks5 の推奨PCスペックを紹介します。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)

 

 

以上で、LDPlayer・Wakuoo・Bluestacksの3つのエミュレーターにおけるシムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)の動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法についての紹介を終わります。

Androidエミュレーターは無料で使え、PCの高画質大画面でシムシティ ビルドイットの、都市開発シミュレーションゲームが遊びやすく、電池持ちを気にせず長時間プレイできるなど、スマホ・タブレットとは違った良さがあるのでオススメです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

©ELECTRONIC ARTS