BlueStacks

エボニーのPCプレイ(BlueStacks)のやり方を初期設定から解説

 

「エボニー 王の帰還を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「エボニー 王の帰還」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「エボニー 王の帰還」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「エボニー 王の帰還」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「BlueStacks 5でプレイする」をクリックしてダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

「エボニー 王の帰還」BlueStacksの操作は、マウスのクリック操作、ドラッグ操作(左クリック押したままマウス移動)で遊べます。

ゲーム始めに文明を決めます。日本・中国・アメリカ・アラビアなど7つの文明から選択します。文明ごとに異なるプラス効果が付きます。

ミニゲームのパズルがあります。矢印で示したようにキャラクターをドラッグ操作で動かします。

自領地での操作です。選択箇所をクリックして兵士の訓練で兵力増強したり食糧回収、施設のレベルアップなど行えます。

フィールド上では兵士を動かして、戦闘を仕掛けたり資源回収することができます。

 

スマホとデータ連携して複数端末で遊ぶ

「エボニー 王の帰還」はアカウント連携の設定をすることで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅ではBlueStacksを使って大画面で楽しめます。

簡単なアカウント連携のやり方を紹介します。

アカウント連携のパターン

「エボニー 王の帰還」のアカウント連携パターン表です。

項目 Android
(BlueStacks,Galaxy等)
iOS
(iPhone,iPad)
Facebook
Apple、Game Center ×
Google Play ×

 

アカウント連携のやり方①(プレイしている端末)

まずは現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)でアカウント連携設定をします。

今回のアカウント連携はFacebookのアカウントで行います。

表示されているゲーム画面は、BlueStacksのものです。

  1. アプリ起動後のゲーム画面で、右下にある「…」をクリックします。
  2. メニューが展開されます。「設定」をクリックします。
  3. 「アカウント」をクリックします。
  4. 「アカウントと連携」をクリックします。
  5. 「Facebookと連携」をクリックし、お持ちのFacebookアカウント情報でログインします。

ここまでが現在プレイしている端末でのデータ連携の操作です。

 

アカウント連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末での設定です。

  1. アプリ起動後チュートリアルを進め、右下にある「…」をクリックします。
  2. メニューが展開されます。「設定」をクリックします。
  3. 「アカウント」をクリックします。
  4. 「アカウントを切り替え」をクリックします。
  5. 「Facebookアカウント」をクリックし、先ほどログインしたFacebookアカウント情報でログインします。

これでBlueStacksとiPhoneで同じデータでのプレイできるようになりました。

以上で「エボニー 王の帰還」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

BlueStacksに興味のある方は、無料で使えるのでお試しください。

BlueStacks公式サイトはこちらから

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD
プロセッサー(CPU) ・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上 ・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック(GPU) ・ベンチマークスコア750以上 ・Intel/Nvidia/ATI(AMD)
BTOパソコンをスペック検索 !