BlueStacks

ドールズフロントラインのPCプレイ(BlueStacks)を初期設定から解説

 

「ドールズフロントライン (ドルフロ)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「ドールズフロントライン」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「ドールズフロントライン」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「ドールズフロントライン」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

PCにBlueStacksが入っていない場合は「PCで ドールズフロントライン をダウンロード」をクリックします。
(すでにPCにBlueStacksが入っている場合は「開く」をクリックすると、アプリのインストール画面が立ち上がるのでインストールします。)

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

続いて「ドールズフロントライン」の操作方法についてお伝えします。

「ドールズフロントライン」「BlueStacks」の操作は、ほぼマウス操作で、画面の拡大・縮小のみキーボードを使えば遊べるかと思います。

マウス操作

作戦時のマップ画面です。
移動させたいキャラクターをクリックして、移動するマス目をクリックします。

バトル画面です。
スキルを使う際に、画面下のキャラクターをクリックします。

バトルの中でキャラクターを移動させる際は、キャラクターをドラッグ&ドロップ操作(左クリック押したまま→カーソル移動→左クリック離す)を行います。

拡大・縮小のキーボード操作

画面の拡大・縮小は、キーボードで操作します。

キーボード操作

  • 拡大【矢印↑
  • 縮小【矢印↓

バトルの拡大画面。

バトルの縮小画面。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「ドールズフロントライン」はアカウント連携をすることで、スマホ(タブレット)とのデータ連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ連携のやり方を紹介します。

データ連携のやり方①(元の端末での設定)

まずは現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、アカウント連携をします。
今回は「Sunborn ID」で登録します。

  1. ゲームにINし、ホーム画面の右下にある矢印で示した「四角いアイコン」をクリックします。
  2. 画面下にある「設定」をクリックします。
  3. 設定が開きました。
    「ゲーム」のタブをクリックします。
  4. ゲームタブが開きました。
    「アカウント管理」をクリックします。
  5. 「プレイデータの紐付け」をクリックします。
  6. 「メールアドレス」を入力し、「確認」をクリックします。
  7. 入力したメールアドレスに、登録確認メールが届きます。
    メールを開き、URL(リンク)をクリックします。

  8. 認証に成功すると、登録したメールアドレスに「Sunborn ID」「パスワード」が表記されたメールが届きます。
    ここまでが現在プレイ中のアカウント連携です。

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末(スマホまたはBlueStacksなど)での設定です。

  1. アプリを起動します。
    アプリ起動直後の画面の左下にある「アカウント切替」をクリックします。
  2. ログイン方法を選択の画面で「Sunborn ID」をクリックします。
  3. 先ほど設定した「メールアドレス」「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。
    これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末の両方でプレイできるようになりました。

「ドールズフロントライン」は、細かい情報が多く文字が小さめなので、PCの大画面だとよく見えて遊びやすいのでおすすめです。

以上で「ドールズフロントライン」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。