BlueStacks

BlueStacksのリセマラのデータ削除の方法は?新バージョン4のやり方

アイキャッチ画像800+450、BlueStacks

こんにちは、mitsuです。

BlueStacksの新バージョン4になり、ホーム画面がシンプルな表示が変わって戸惑った方多いのではないでしょうか。

私はしばらくデータ削除のやり方が分からず、不便になったなぁと感じておりました。

今回はBlueStacksのリセマラの際のデータ削除の方法を、2019年2月28日現在の最新バージョン4のやり方でお伝えさせていただきます。

「android OS」でリセマラするならデータ削除の方法は必要な知識ですね!

それだけで1回あたりのリセマラスピードが向上します。

この記事で、BlueStacks4のホーム画面がシンプル過ぎてデータ削除の方法が分からなくなってしまった方のお役に立てればなと思います。

リセマラのデータ削除の方法

それではBlueStacksのリセマラのデータ削除の方法を、新バージョン4でのやり方でお伝えさせていただきます。

まずはバージョン詳細ですがクライアントバージョンも、エンジンバージョンも、【4.50.5.1003】となってますね。

このバージョンが違うと若干表示が変わるかもしれませんのでご了承ください。

BlueStackバージョン4.50.5.1003

 

BlueStacksを立ち上げてました。

今回データ削除をするアプリですが、画面上にあるオバマスをいうアプリです。

画面下にある三角形のような形をしたアプリをクリックします。

bsデータ削除方法1

 

表示が増えました。

歯車のマークがありますね。これが設定のアプリです。

歯車のマークをクリックします。

BlueStackデータ削除方法2

 

Android設定の画面が表示されました。

アプリをクリックします。

BlueStackデータ削除方法3

 

アプリ一覧が表示されました。

ここからオバマスを探してクリックします。

今回タイトルが「オバマス」ということで、あいうえお順で並んでいるため上の方にありましたが、アプリによっては下の方にあります。

BlueStackデータ削除方法

 

オバマスのアプリ情報が開きました。

ここでストレージをクリックします。

BlueStackデータ削除方法5

 

オバマスのアプリのストレージが表示されました。

データを消去をクリックします。

BlueStackデータ削除方法6

 

「アプリのデータを削除しますか?」にはOKをクリックします。

アプリが初期状態になりました。

BlueStackデータ削除方法7

 

初期状態になると、データを消去という表記が活性化されなくなりますね。

ここでマイアプリに戻ります。

この時、Android設定を閉じないことをオススメします。

再度リセマラしてデータを削除する際にAndroid設定のタブが残っていれば、タブの切り替えだけでデータ削除が素早くできます。

もしタブが残ってなかったら再度設定のアプリを立ち上げる手間がかかります。

細かいですがこういう積み重ねでリセマラスピードは向上しますね!

BlueStackデータ削除方法8

 

ホーム画面に戻ってきました。

ここでオバマスのアプリをクリックすると、

初期状態のオバマスが立ち上がりリセマラ再スタートできるという流れです。

BlueStackデータ削除方法9

 

まとめ

「BlueStacksのリセマラのデータ削除の方法は?新バージョン4のやり方」と題してお伝えしました。

私自身、新しいバージョンになって設定アプリの位置が分からなくなり困りました。

やり方が分かってしまえば大したことないのですが、設定アプリがどこにあるか見つかるまで不便に感じますよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。