BlueStacks

始皇帝の道へはPCで遊べる?複数エミュレーター比較

 

スマホアプリゲームの始皇帝の道へ:七雄の争いを、3つのAndroidエミュレーターを使ってそれぞれPCプレイできるか紹介します。

Androidエミュレーターは、GooglePlayストアのアプリゲームをPCで遊べるプラットフォームです。

ここで紹介しているエミュレーターは無料で使えます。

Androidエミュレーターを使うことで、PCの大画面でグラフィックの迫力が増し、マウス・キーボード・ゲームパッド(コントローラー)でゲームを楽しめ、スマホの電池切れ・データ空き容量を気にせず思い切り遊べるといったメリットがあります。

今回は、Bluestacks・LDPlayer・Wakuooを使用して、始皇帝の道への動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法について紹介します。

 

エミュレーターの動作など比較

Bluestacks・LDPlayer・Wakuooそれぞれの動作結果、キーボード・ゲームパッド操作の初期設定がされているかについてまとめました。

動作 キーボード操作
初期設定
ゲームパッド操作
初期設定
Bluestacks
(Bluestacks 5 32bit)
快適 なし なし
LDPlayer
(LDPlayer 4 32bit)
快適 なし なし
Wakuoo 快適 なし なし

 

すべてのエミュレーターで、始皇帝の道へを快適に遊ぶことができました。

エミュレーターそれぞれの操作感など、好みもあると思うので実際にインストールして体感してもらえたらと思います。

どのエミュレーターもキーボード・ゲームパッドの初期設定はされていませんでした。

自領地の建築物の建設・昇級、主城での内政、武将の育成、部隊編成して領地へ行軍・占領などは、マウスカーソル合わせてクリック操作で行えます。

マップ上で視点を動かすときは、ドラッグ操作(クリック押したままマウス移動)で行えます。

また「ズーム機能」でマップを広く見渡せて便利なので、キー追加設定をオススメします。

 

Bluestacksの導入方法

Bluestacksの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Bluestacksでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacksをダウンロード

BluestacksをPCにダウンロードします。

Bluestacksの公式サイトに入り、「『始皇帝の道へ:七雄の争い』をPCでプレイ」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Bluestacksを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて追加設定します。

キー追加する場合は、部隊選択・任務・全体一覧・地図・武将などのメニューボタンに「タップスポット」、マップ上の拡大・縮小に便利な「ズーム機能」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Bluestacks 推奨PCスペック

Bluestacks5 の推奨PCスペックを紹介します。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)

 

 

LDPlayerの導入方法

LDPlayerの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

LDPlayerでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

LDPlayerをダウンロード

LDPlayerをPCにダウンロードします。

LDPlayerの公式サイトに入り、「LDPlayer 4」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

LDPlayerを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、部隊選択・任務・全体一覧・地図・武将などのメニューボタンに「Aのアイコン」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

「ズーム機能」については、エミュレーター機能で「ズームイン(F4キー)」「ズームアウト(F5キー)」で操作できるので、LDPlayerは設定不要です。

LDPlayer 推奨PCスペック

LDPlayerの推奨PCスペックを紹介します。

LDPlayer 推奨PCスペック
OS Microsoft Windows 10 64bit
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ(HDD/SSD) 256GB SSD
プロセッサー(CPU) Intel(R) Core(TM) i5-10400F CPU @ 2.90GHz
グラフィック(GPU) NVIDIA GeForce GTX 1650

 

 

Wakuooの導入方法

Wakuooの導入方法について紹介します。

Googleアカウントを用意

Wakuooでゲームをプレイするには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuooをダウンロード

WakuooをPCにダウンロードします。

Wakuooの公式サイトに入り、「ダウンロード」をクリックします。

初期設定とアプリのインストール

Wakuooを起動し初期設定を行い、アプリをインストールします。

アプリインストールまでのやり方ついては、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

キーボード・ゲームパッド操作設定

キーボード・ゲームパッドの操作設定は、必要に応じて設定します。

キー追加する場合は、部隊選択・任務・全体一覧・地図・武将などのメニューボタンに「タップ」、マップ上の拡大・縮小に便利な「ズーム機能」の設置をオススメします。

キーの追加・変更方法については、こちらにまとめたので参考にどうぞ。

Wakuoo 推奨PCスペック

Wakuooの推奨PCスペックを紹介します。

Wakuoo 推奨PCスペック
OS Windows 8/10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) 10GBの空き容量
プロセッサー(CPU) Intel あるいは AMDプロセッサ CPUコア数8個
その他 Surfaceは起動できないモデルが多い

 

 

以上で、Bluestacks・LDPlayer・Wakuooの3つのエミュレーターにおける始皇帝の道へ:七雄の争いの動作結果や初期設定状況、それぞれの導入方法についての紹介を終わります。

Androidエミュレーターは無料で使え、PCの高画質大画面で始皇帝の道への春秋戦国リアルタイムストラテジーが楽しめ、電池持ちを気にせず長時間プレイできるなど、スマホ・タブレットとは違った良さがあるのでオススメです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

©MAX GAME PTE.LTD.