BlueStacks

メルヘンオブライトのPCプレイ(BlueStacks)のやり方を始めから解説

 

「メルヘン・オブ・ライト~モロガミ放置RPG~ (メルオラ)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「メルヘンオブライト」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「メルヘンオブライト」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「メルヘンオブライト」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「BlueStacks 5でプレイする」をクリックしてダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

「メルヘンオブライト」のBlueStacks操作は、マウスのみで遊べます。

選択箇所にカーソルを合わせてクリックします。

メンバー編成画面。

バトルは放置(勝手に経験値稼ぐ)とボス戦があります。両方とも操作不要です。

放置バトル画面。
左側にある宝箱をクリックすると、放置していた分の報酬がもらえます。
「ボスに挑戦」をクリックすると、ボス戦に移行します。

ボス戦の画面。
キャラクタースキルが自動で発生するバトルです。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「メルヘンオブライト」はデータ連携設定(データ引継ぎ)をすることで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ連携のやり方を紹介します。

アカウント連携のパターン

「メルヘンオブライト」のデータ連携パターン表です。

項目 Android
(BlueStacks,Galaxy等)
iOS
(iPhone,iPad)
Facebook
Twitter
Google ×
Apple ×

Android(BlueStacks)と、iOS両方に対応しているのは、FacebookTwitterの2種類です。

データ連携のやり方①(プレイしている端末)

まずは、現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、データ連携設定をします。

今回のデータ連携は、Facebookアカウントで行います。

表示されているゲーム画面は、BlueStacksのものです。

  1. ゲームのタイトル画面で、左上にある「データ引継ぎ」をクリックします。
  2. データ引継ぎの画面が開いたら、「Facebook」をクリックします。
  3. お持ちのFacebookアカウントの情報(電話番号またはメールアドレス・パスワード)を入力し、ログインをクリックします。

ここまでが現在プレイしている端末でのデータ連携の操作です。

 

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末での設定です。

  1. 初回起動しゲームのタイトル画面で、左上にある「データ引継ぎ」をクリックします。
  2. データ引継ぎの画面が開いたら、「Facebook」をクリックします。
  3. 先ほど登録したFacebookアカウントの情報(電話番号またはメールアドレス・パスワード)を入力し、ログインをクリックします。

これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末、両方でプレイできるようになりました。

以上で「メルヘン・オブ・ライト~モロガミ放置RPG~」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

BlueStacksに興味のある方は、無料で使えるのでお試しください。

BlueStacks公式サイトはこちらから

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Bluestacks5 推奨PCスペック
OS Windows10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(HDD/SSD) SSD (またはFusion/Hybridドライブ)
プロセッサー
(CPU)
・シングルスレッドベンチマークスコア1000以上
・Intel/AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィック
(GPU)
・ベンチマークスコア750以上
・Intel/Nvidia/ATI(AMD)