BlueStacks

ハンドレッドソウルのBlueStacks(PCプレイ)のやり方は?設定や使い方

こんにちは、mitsuです。

今回「ハンドレッドソウル」を、PCでプレイするために「BlueStacks」の使い方や設定方法をお伝えします。

完全初心者の方でも分かるように、「BlueStacks」をインストールする前に準備することなども含めて、画像を使って詳しくお伝えできたらと思います。

すでにご存知のところがあれば、飛ばしながらみていただけたらと思います。

またこの「BlueStacks」を使用してのプレイは、一般的にアプリゲーム会社から推奨されているやり方ではないため、利用の際は自己責任でお願い致します。

それでは始めさせていただきます。

「BlueStacks」を始める前に準備すること

BlueStacksアイキャッチ

これから「ハンドレッドソウル」をPCプレイするために「BlueStacks」をインストールしていくわけですが、その前に準備しておくことがあります。

事前準備

●Googleアカウントの取得

→〇〇〇@gmail.comというGoogleアカウント(Gmail)

→Googleアカウントのパスワード

こちらをご用意いただけたらと思います。

「BlueStacks」を使いアプリを取る際にGooglePlayストアからインストールしますが、その時にGoogleアカウントが必要になります。

 

まだ準備ができていない方は取得方法をお伝えしますので、参考にしていただけたらと思います。

まずはGoogleアカウント作成のサイトへいきます。

次に「Googleアカウントを作成する」をクリックします。

googleアカウント2

 

次に「姓」「名」「ユーザー名(Googleアカウントであり、Gmail)」「パスワード」を決めて入力して、「次へ」をクリックします。

googleアカウント3

 

次にショートメールが受け取れる携帯の「電話番号」を入力し、「次へ」をクリックします。

googleアカウント4

 

携帯電話にショートメールに「確認コード」が届いたら入力し、「確認」をクリックします。

googleアカウント5

 

次に「電話番号(省略可)」「再設定用のメールアドレス(省略可)」「生年月日」「性別」を入力し、「次へ」をクリックします。

googleアカウント6

 

次にプライバシーポリシーと利用規約を確認し、下にスライドして「同意する」をクリックします。

googleアカウント7

 

この「ようこそ、〇〇さん」という画面になったら登録完了です。

先ほど登録した「Googleアカウントとパスワード」は忘れないよう控えておくことをおすすめします。

googleアカウント8

 

「BlueStacks」のインストールと最初の設定方法

続いて、「BlueStacks」をPCにインストールしていきます。

まずはBlueStacksのサイトへ行きます。

次に「BlueStacksをダウンロード」をクリックします。

BlueStacks1

 

ダウンロード完了後、画面下のダウンロードバーに表示されている「BlueStacks-Installer…」をクリック(1つ目の画像)、

もしくはPCのダウンロードファイルから「BlueStacks-Installer…」をダブルクリックします。(2つ目の画像)

BlueStacks2BlueStacks3

 

次に「はい」をクリックします。

BlueStacks4

 

「BlueStacks」の画面に切り替わりましたら「今すぐインストール」をクリックします。

BlueStacks5

 

続いて「完了」をクリックします。

BlueStacks6

 

GooglePlayストアの画面に切り替わりましたら「使ってみる」をクリックします。

BlueStacks7

 

次に「メールアドレスまたは電話番号」を入力します。

こちらはGoogleアカウント(Gmail)を入力すればOKです。

入力後「次へ」をクリックします。

BlueStacks8

 

次に「パスワード」にGoogleアカウントのパスワードを入力し「次へ」をクリックします。

BlueStacks9

 

次に利用規約とプライバシーポリシーを確認し「同意する」をクリックします。

BlueStacks10

 

画面が切り替わりましたら「BlueStacksを使ってみよう」をクリックします。

BlueStacks11

 

「BlueStacks」のホーム画面にきました。

BlueStacks12

 

「ハンドレッドソウル」のインストール方法

続いて「ハンドレッドソウル」をインストールしていきます。

まずは「BlueStacks」のホーム画面で「GooglePlayストア」をクリックします。

BlueStacks12.5

 

GooglePlayストアの画面に変わりましたら、「キーワードの検索窓」をクリックします。

BlueStacks13

 

検索窓に「ハンドレッドソウル」と入力して、エンターキーを押します。

 

アプリ一覧から「ハンドレッドソウル」をクリックします。

 

次に「インストール」をクリックします。

 

続いて「次へ」をクリックします。

BlueStacks16

 

次に「スキップ」をクリックします。

BlueStacks17

 

「ハンドレッドソウル」がインストール完了しました。

 

キーマッピングと操作方法

続いて、「ハンドレッドソウル」のキーマッピングと操作方法についてお伝えします。

先にお伝えしておくと、「ハンドレッドソウル」というゲームは、キーマッピングの必要性があまりないかもしれません。

ストーリーを少し進めると「Easy Play」という移動・基本の攻撃・カメラワークを、オートで進めてくれる機能を使えるようになります。

「Easy Play」を利用時の、スキル選択、回避行動、マニュアル操作でカメラワークなどの操作はマウスのクリック・ドラッグでできます。

しかし、様々なゲームモードがある中で、キーボード操作が必要になるかもしれませんのでお伝えします。

 

「BlueStacks」では始めからキーマッピング設定がされており、その確認方法から紹介します。

「ハンドレッドソウル」を開きました。

 

チュートリアルで、簡単に基本操作を教えてくれます。

 

フィールドに出ました。

矢印で示した画面右下の「目玉のアイコン」をクリックします。

 

「目玉のアイコン」の上にあるバーを、上にドラッグします。

 

キーマッピングされている箇所が見えるようになりました。

 

実際に使うのはキャラ移動で使う「WASD」だけでいいかと思います。

 

通常攻撃やスキルなどのアクションコマンドは、マウスでカーソルを合わせてクリックでOKです。

 

また視点移動は、画面右側を上下左右にドラッグ操作するとできます。

 

コントローラー(ゲームパッド)操作するための方法

続いて、コントローラー(ゲームパッド)操作するための方法をご紹介します。

私の使っているゲームパッド、エレコムの「JC-U3613MBK」という機種で説明します。

 

ゲームパッドで操作するために「JoyToKey」というものを使います。

これはゲームパッドの操作をキーボードのキーに割り当てすることができます。

JoyToKeyの設定をする際は、先にゲームパッドをPCに接続しておくことをおすすめします。

後ほどゲームパッド側でボタンの確認操作が必要なので。

 

それでは「JoyToKey」のダウンロード方法からお伝えさせていただきます。

まずはJoyToKeyのサイトへ行きます。

次に、画面を下にスクロールして「joytokey.netから直接ダウンロード」をクリックします。

JoyToKey2

 

PCのJoyToKeyのフォルダーを開き「JoyToKey」をクリックします。

JoyToKey3

 

はじめにを読んで「OK」をクリックします。

JoyToKey4

 

これがJoyToKeyのホーム画面です。まだ何の設定もされていません。

JoyToKey5

 

ここでゲームパッドを操作すると、各ボタンが黄色く表示されます。

ここでゲームパッドの各ボタンが、JoyToKeyではどのボタン名になっているのか確認できます。

JoyToKey6

 

ここで割り当てを新規作成するために「ファイル」をクリックします。

JoyToKey6.5

 

次に「設定ファイルの新規作成(N)」をクリックします。

JoyToKey7

 

設定ファイル名を入力して「OK」をクリックします。

設定ファイル名はゲーム名で良いかと思います。

ここでは「テスト」としておきます。

JoyToKey8

 

ホーム画面に戻ってきました。

左側に「テスト」というファイル名が増えてますね。

JoyToKey9

 

ここでボタンの割り当てをしていきます。

「Stick1:←」をダブルクリックします。

ちなみにStick1はスティックを左に倒した時の操作です。

JoyToKey10

 

次に矢印で示した「Disabled」をクリックして、キーボードで「A」を入力します。

これは先ほどの「ハンドレッドソウル」のキーマッピングで十字キーの左(←)操作を「A」にしていたからです。

他のキーにされている方は、ゲームで設定したキーマッピングに合わせていただけたらと思います。

JoyToKey11

 

先ほどまで「Disabled」だった箇所が「A」に変わってますね。

変わっていることが確認できたら「OK」をクリックします。

JoyToKey12

 

ホーム画面でも「Stick1:←」が「A」に変わっていることがわかりますね。

JoyToKey13

 

同様に赤枠で囲んだところを割り当てしました。

 

コントローラーでいうと赤枠で囲んだ部分の設定をしました。

以上がJoyToKeyを使ってコントローラー操作するための方法です。

あとは実際にゲームで試してみて、さらに使いやすいように変えていけばいいかと思います。

 

また「JoyToKey」のファイルは開いたら開きっぱなしになるので、閉じ方をお伝えします。

画面の通り、ホーム画面から「ファイル」、続いて「終了」をクリックすればOKです。

JoyToKey15

 

また再開する時はPCのJoyToKeyフォルダーから「JoyToKey」をダブルクリックすれば再開できます。

JoyToKey16

ゲームパッドでの操作は個人的にキーボード操作より圧倒的に楽に感じますし、テレビゲームやってる感がでて楽しいですね。

 

ゲームパッド / ブラック / USB接続
Corei7 / 15.6FHD / 8GB / 128GBSSD+1TBHDD / GTX1050Ti

 

滑らか設定

「ハンドレッドソウル」がカクツク場合に、少しでも滑らかなプレイをするための設定方法をお伝えします。

ゲーム内設定

ゲーム内設定で、画面の質を下げます。

ホーム画面右上にある「歯車のアイコン」をクリックします。

 

 

「画像」の中にある、「低い」をクリックし画面閉じます。

 

「BlueStacks」の設定

また、「BlueStacks」側の設定方法もあるので紹介させていただきます。

こちらはPCスペックに余裕がないとできません。

画面の右上にある「歯車のマーク」をクリックします。

 

「環境設定」をクリックします。

 

「エンジン」をクリックします。

 

「CPU&RAM割り当て」の項目を変えます。

 

CPUコア数とメモリーの数値を倍にしました。

「再起動」をクリックします。

 

 

まとめ

ハンドレッドソウルのPCプレイ(BlueStacks)やり方は?設定や使い方」と題してお伝えしました。

内容

●「BlueStacks」を始める前に準備すること

●「BlueStacks」のインストールと最初の設定方法

「ハンドレッドソウル」のインストール方法

●キーマッピングと操作方法

●コントローラー(ゲームパッド)操作するための方法

●滑らか設定

最後までお読みいただきありがとうございました。