BlueStacks

ディライズ(DeLithe)のPCプレイ(BlueStacks)のやり方を解説

 

「ディライズ(De:Lithe)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「ディライズ」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「ディライズ」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「ディライズ」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

PCにBlueStacksが入っていない場合は「PCで De:Lithe 本格オンラインRPG をダウンロード」をクリックします。
(すでにPCにBlueStacksが入っている場合は「開く」をクリックすると、アプリのインストール画面が立ち上がるのでインストールします。)

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

続いて「ディライズ」の操作方法についてお伝えします。

「ディライズ」のオススメの操作方法は、ほとんどマウス操作で必要があればキーボードを使う程度かと思います。

キーボード操作に関しては、キャラクター移動で使いそうです。(マウスでも可能)

キーボードのキーは「BlueStacks」の初期設定で割り当てされているので、それをそのまま使います。

それでは、マウス操作からお伝えします。

マウス操作

マウス操作は、選択箇所にカーソルを合わせてクリックします。

バトル中のスキル選択、装備変更・強化、ストーリー進行など、様々です。

画像は、バトル画面です。
画面右下のスキルなどをクリックして戦います。

アバター作成

 

キーボード操作

キーボード操作は、ホーム画面でのキャラクター移動に使用します。

キャラクター移動の操作キーは、以下のようになってます。

キャラクター移動

  • 【W】上
  • 【A】左
  • 【S】下
  • 【D】右

マウスのドラッグ操作でもキャラクター移動が可能なため、遊びやすくするために必要であれば使う機能です。
画面左下をドラッグ操作です。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「ディライズ」はデータ引き継ぎ(連携)設定をすることで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ引き継ぎのやり方を紹介します。

データ連携のやり方①(プレイしている端末)

まずは、現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、データ引き継ぎ設定をします。

表示されているゲーム画面は、BlueStacksのものです。

  1. ゲームにログインし、ホーム画面の右上にある「横三本線のアイコン」をクリックします。
  2. メニュー一覧が開いたら、「設定」をクリックします。
  3. 画面が切り替わったら、「アカウント」のタブをクリックします。
  4. 次に、データ引き継ぎに使うパスワードを入力し「引き継ぎID発行」をクリックします。
  5. 先ほど入力したパスワードと、IDが表示されます。
    スクリーンショットかメモを取っておきます。

ここまでが現在プレイしている端末でのデータ連携の操作です。

 

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末での設定です。

表示されているゲーム画面は、iPhoneのものです。

  1. ゲームを初回起動して、画面右上の「横三本線のアイコン」をクリックします。
  2. 画面が切り替わったら、「データ引き継ぎ」をクリックします。
  3. 次に、先ほど登録した「データ引き継ぎID」と「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末、両方でプレイできるようになりました。

以上で「ディライズ(De:Lithe)」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。