BlueStacks

クリスタルボーンのPCプレイ(BlueStacks)のやり方を初期設定から解説

 

「クリスタルボーン:ヒーローズ・オブ・フェイト (Crystalborne)を、PCでプレイする方法としてBlueStacksを利用する方法があります。

BlueStacksはスマホアプリをPC上で動かせる無料のサービスです。

今回、BlueStacksで「クリスタルボーン」をプレイする手順を画像を使って紹介します。

BlueStacksの初期設定と「クリスタルボーン」インストール

ここでは、BlueStacksをダウンロードする前に準備することから、「クリスタルボーン」のインストールまでを紹介します。

Googleアカウントが必要

BlueStacksを使ってアプリを遊ぶにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントで必要な情報は「●●●@gmail.com」のメールアドレスと、自身で設定したパスワードです。

Googleアカウントの新規作成方法は、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

BlueStacksをダウンロード

BlueStacksの公式ページから、PCにダウンロードします。

「BlueStacks 5でプレイする」をクリックしてダウンロードしたファイルを開きます。

初期設定とアプリのインストール

BlueStacksの初期設定とアプリのインストールのやり方については、こちらにまとめたので参考にしてみてください。

 

操作方法

続いて「クリスタルボーン」の操作方法についてお伝えします。

「クリスタルボーン」操作は、基本的にマウスのみで遊べます。

次の画像は、ホーム、バトル準備、バトル時の画面です。

マウスカーソルを合わせてクリックで操作します。

ホーム画面

バトル準備

バトル画面。
画面右側のスキル、自動戦闘ON/OFF、倍速切替をクリック操作します。

 

スマホと同期して複数端末で遊ぶ

「クリスタルボーン」はデータ連携設定をすることで、スマホ(タブレット)とのゲームデータの連携(同期)ができて便利です。

外出先はスマホ、自宅では「BlueStacks」を使って大画面で楽しめます。

簡単なデータ連携のやり方を紹介します。

データ連携のやり方①(プレイしている端末)

まずは、現在プレイしている端末(スマホやBlueStacks)で、データ連携設定をします。

今回のデータ連携は、ゲーム内アカウントを新規作成して行います。

表示されているゲーム画面は、BlueStacksのものです。

  1. ゲームにINし、ホーム画面の右上の矢印で示したアイコンをクリックします。
  2. 画面が切り替わったら、「アカウント」をクリックします。
  3. 次に、「アカウント作成」をクリックします。
  4. アカウント登録画面になったら、お持ちのメールアドレスとパスワードを入力し、送信をクリックします。

  5. 入力したメールアドレス宛に、確認のメールが送信されてくるので「ここをタップ」をクリック(タップ)します。
  6. ゲーム画面の表示が「おめでとうございます」に変わったら完了です。

ここまでが現在プレイしている端末でのデータ連携の操作です。

 

データ連携のやり方②(別の端末での設定)

続いて、データ連携させたいもう1つの端末での設定です。

表示されているゲーム画面はiPhoneのものです。

  1. ゲームを初回起動したら、チュートリアルを終わらせ、
    ホーム画面の右上の矢印で示したアイコンをクリックします。
  2. 画面が切り替わったら、「アカウント」をクリックします。
  3. 次に、「サインイン」をクリックします。
  4. 注意書きを読み、「OK」をクリックします。
  5. サインインの画面になったら、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
  6. 出てくる注意書きを読み、「ログイン」をクリックし完了です。

これで元の端末と、新たにデータ連携設定した端末、両方でプレイできるようになりました。

 

「BlueStacks」でプレイしてみて

BlueStacksを利用して「クリスタルボーン」をプレイした感想としては、BlueStacksは初期設定のままで快適にプレイすることができました。

少し気になったのが、スキルボタンや文字が小さめに表示されていたことです。

それでもデータ連携をすることでPCとスマホ両方で遊べるのは便利ですのでオススメです。

以上で「クリスタルボーン:ヒーローズ・オブ・フェイト (Crystalborne)」をBlueStacksでPCプレイするやり方の紹介を終わります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。